【第62回】アジリティの本質を理解する②競技に合ったアジリティをチョイスする

大学入試に向けて国語と社会の勉強をしてきて成績が上がったぞ!

と意気込んでいたものの、実は受けたい大学の受験科目が数学と英語で、今までの勉強の成果もむなしく、大学受験に落ちてしまいました。。

なんて人がいたら、とんでもないおっちょこちょいですよね。。笑

しかし実はこれに似たおっちょこちょい、アジリティのトレーニングにおいて非常によくみられるんです。

前回の内容

その前に前回の復習です。

アジリティという能力は「方向転換スピード」と「知覚・意思決定要素」によって構成されるオープンスキルである。

現場では方向転換スピードのことをアジリティと読んだりもしてややこしいので、この記事では
知覚・意思決定要素を伴うもの⇒「反応アジリティ」と定義
知覚・意思決定要素を伴わないもの⇒「方向転換スピード」
とする

指さし反応などの単純な反応アジリティよりも、競技に特異的な反応アジリティ(相手選手への反応など)のほうが競技パフォーマンスと関連する。

ベースとしてまずは筋力などの基礎的な能力や、方向転換スピードを高めましょう。

といった内容でした。

方向転換スピードの多様性

さて、ここからが今回の内容です。

冒頭で述べたおっちょこちょいにつていてですが、なぜそのようなことが起こるかというと

方向転換スピードを評価する方法の多様性

に原因があります。

例えば直線スピードを評価するときには
20m走、50m走、100m走
等が用いられますよね?

どのテストも「真っすぐをどれだけ速く走れるか」を評価するテストです。
距離による多少の得意不得意はあれど、20m走が速い選手は50mも速いだろうし、50m走が速い選手は100mも速いでしょう。

しかしアジリティに関しては以下のように、多様なテストが存在します。

反復横跳びと10m×5なんて、同じアジリティのテストといえど、全く動きは違いますよね。

実際にSporisら(2010) は異なるアジリティ(方向転換スピード)のテストをいくつかサッカー選手に行わせたところ、テスト同士に強い相関は認められなかったことを報告しています。

競技に必要なアジリティ

上記の図のテストで考えると、おそらく卓球選手なんかは反復横跳びのようなアジリティが必要でしょう。

バスケットボール選手はディフェンスにおいてサイドステップを用いるのでTテストのような動きが必要でしょうが、サッカー選手はどちらかというとスプリントからの方向転換のほうが重要そうですよね。

実際にサッカー選手においては競技レベル高い選手ほど10m×5のスピードが速いことが報告されています。(津越、浅井, 2010)

もしもこのような「アジリティのテストの多様性」「競技に特異的なアジリティ」のことを考慮しなかったら、最初に挙げた「受験科目でない教科をコツコツと勉強してしまう」ような現象が起きてしまいます。

このような問題を起こさないために、個人的には
「アジリティ」という言葉を使わないことをお勧めします。

(アジリティをテーマに修士の学位を取得している私が言うのもなんですけど。。笑)

バスケ⇒アジリティが必要

アジリティ⇒ラダーで高まるらしいぞ

バスケ選手はラダーをやればいいんだ!

なんて短絡的な考えは「アジリティ」なんて言葉があるから出てきてしまうのです。

卓球に必要なのはアジリティではなく「サイドステップで素早く左右に切り返す能力」

サッカーに必要なのはアジリティではなく「スプリントを用いての方向転換」

バスケに必要なのはアジリティではなく「サイドステップやスプリント、バックペダルなど様々な移動方法を用いての方向転換」

このように考えたら受験科目の間違い、スポーツの現場で言えば「競技に必要ない能力を向上させるためにせっせと無駄な時間を用いてしまうという行為」は減ってくると思います。

今一度「アジリティ」という言葉に振り回されずに、競技に必要な能力が何かを考えてみてください!

アジリティシリーズ全④回
第③回はこちら


 

 

参考文献

[1] J. M. Sheppard and W. B. Young, “Agility Literature Review: Classifications, Training and Testing,” Journal of Sports Sciences, 24.9 (2006), 919–32 <https://doi.org/10.1080/02640410500457109>.

[2] Matt Brughelli and others, “Understanding Change of Direction Ability in Sport,” Sports Medicine, 38.12 (2008), 1045–63 <https://doi.org/10.2165/00007256-200838120-00007>.

[3] Goran Sporis and others, “Reliability and Factorial Validity of Agility Tests for Soccer Players,” Journal of Strength and Conditioning Research, 24.3 (2010), 679–86 <https://doi.org/10.1519/JSC.0b013e3181c4d324>.

[4] 津越智雄浅井武, “J リーグサッカークラブにおける上位カテゴリーへの 選手選抜に関する横断的研究 ― 体力 ・ 運動能力を対象として ―,” 体育学研究, 55 (2010), 565–76.

 

 

Follow me!

【第62回】アジリティの本質を理解する②競技に合ったアジリティをチョイスする” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。