【第24回】選手がよく言う「ウエイトやると身体が重くなるんすよね~」についての考察

「ウエイトやると身体が重くなるんすよね~」

よくいますよね、そう言うアスリート。

そのたびに言ってやってます。「いや、そらそうやろ」と。

こういう会話のときによく起きてしまうのが、言葉の意味の捉え方の違い。

以前の記事で挙げた「体幹が強い」という言葉もそうでしたよね。
コンタクトが強い、バランス能力が高い、切り返しが速い等、女子高生の「ヤバい」ばりにいろんな意味で使われるので、いったい体幹を鍛えたいというのが何を求めているのかわかんないって話でした。

「身体が重くなる」

この言葉も同様で、発している人によって、意味や状態が違っています。

 

「身体が重くなる」の意味

物理的に重くなる

①徐脂肪体重(筋量)の増加

一部の競技(バリバリの持久系、芸術系競技)は除きますが、そもそもウエイトはこのためにやってますよね。

身体が重くなるんですよね〜

って、そらそうやろ。ええやんそれで。

②筋量増やすつもりが脂肪が増えちゃったパターン

筋量を増やすには、カロリー収支をプラスにする(動いた以上にごはんを食べる)必要があります。

その過程で、筋量も増えたけど脂肪も若干増えちゃった。というのはありえます。

それならまだいいですけど、オフで蓄えた脂肪を筋肉に変えようとか、体幹トレーニングだけで増量しようとか、適切なトレーニングをせずにとにかく米を食えとか、訳わかんないやり方で増量したらそりゃ脂肪ばっかり増えます。

それで身体が重くなるとか言ってる人はまずちゃんとしたトレーニングを勉強してください。

 

ってまあこういう①②みたいな話をすると選手も、「いや、それは分かってるんですけど…」ってなりますよね。

実際に選手が言ってる「身体が重くなる」のは次のパターンです。

感覚的に重くなる

③疲労が溜まる

考えれば分かることですよね。

技術練習のみ行うのと、技術練習+ウエイトを行うのと、そりゃ後者のほうが運動量も多いですし(感覚的に)重くなるのは当たり前でしょ。

④筋肥大期に筋力の増加に加え筋量の増加も起こり、感覚的に重くなっている

以前の記事(第4回筋力を決定する要因第21回ピリオダイゼーション)で、ウエイトは筋肥大期、最大筋力期に分けられるという話をしました。

スピードやジャンプ力にとっては、スクワットを何kg挙げられるかという絶対筋力よりは、体重に対する相対的な筋力が大事になってくると考えられます。

最大筋力期では筋力にフォーカスを当ててますが、筋肥大期では筋量(体重)も筋力もがターゲット。

筋力が上がっていてもそれに伴う体重の増加があり、なんなら筋肥大期のほうが意識して食事を多く摂るので、②脂肪の増加も起きますし、トレーニング内容的にも③疲労の蓄積も起きやすいです。

きちんと計画されたトレーニングのもとで、その後の最大筋力期のトレーニングもきちんと実施すれば、ジャンプ力やスプリントスピードも向上するので安心してください。
(あくまでもきちんとしたメニューをきちんと取り組めば、ですけど)

筋力高める方法

まとめ

物理的に重くなる(筋量が増える)のは、そのためにやってるんだから当たり前。

感覚的に重くなるのは、技術練習にプラスしてトレーニングを行っているんだから当たり前。

今のスポーツ界、上位チームがストレングス&コンディショニングにきちんと取り組んでいる競技・カテゴリ(ラグビー、アメフト、関東大学バスケ、ヨーロッパサッカー?等)では、いくらスキルがあっても最低限のフィジカルがないと勝負の土俵にすら立たせてもらえません。

その重要性を認識してれば、うだうだ言う暇なくウエイトにも取り組みますよね。

 

Follow me!

【第24回】選手がよく言う「ウエイトやると身体が重くなるんすよね~」についての考察” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。